デートクラブとは

デートクラブの定義

デートクラブとは、男性と女性のデート(出会い)をセッティングするサービスのことを指します。

男女のセッティングが成立すると、男性がクラブ側にセッティング料を支払い、女性は無料となる料金システムが主流です。

また、デートの際には、男性が女性に「交通費」や「お手当」と呼ばれる謝礼を渡すのが一般的です。

デートクラブのサービスは、男性と女性との間にクラブの担当者が入り、男女のセッティングを仲介するという点が従来のいわゆる出会い系とは異なります。

男性からのオファーは、クラブの担当者から女性に伝わり、女性の返事もまた、クラブの担当者から男性に伝わります。

そのため、男女がデート前に直接やり取りをする必要がないため、プライバシーをしっかり守りつつ、確実にデートのセッティングが可能となっているのです。

デートクラブの流れ

デートクラブは、男女が最初にデートをするまでのマッチングをサポートするサービスです。

具体的には、入会申し込み→面接→男性からオファーが届く→日時の調整→デート当日という流れになります。

デート当日にお相手と会った後は、男女の自由恋愛となるため、クラブはそのデート内容に関与しないのが一般的です。

デートの内容は千差万別なので一概には言えませんが、一般的には、初回デートを「顔合わせ」と言い、直接対面してお互いのフィーリングを確かめ合うというニュアンスのデートに留めることが多いようです。

そして、お互いが望む交際スタイルを確認し、2回目以降のデート内容を決めていくことになります。

初回デート後は、クラブを通さずに男女が直接やり取りをし、2回目以降のデートをするか否かも自由に決められます。

顔合わせでフィーリングが合わなければそこでお別れとなるパターンもあり得ますし、逆に、フィーリングがぴったり合えば、初回デートの当日に大人の交際へと発展する流れも十分あり得ます。

デートクラブの種類

デートクラブは、基本的に、経済的に豊かな男性と、経済的なサポートを求める女性との出会いの場であるため、男性の入会金や年会費はやや高額になる傾向にあります。

しかし、その入会金や年会費は、クラブによって大きく差があり、年会費が数万円程度のクラブから、数十万円、数百万円と超高額のクラブまで様々です。

デートクラブの違いを見極める場合、日常の買い物と違って、「コスパ」を求めるのは間違いです。

なぜなら、入会金や年会費が高額になればなるほど、それに比例して女性の「質」も高まっていく傾向にあるからです。

ここで言う女性の「質」とは、現役のタレントやCAといった社会的な地位から、知識やマナーといった内面的なものまで含んでいます。

高額のクラブの場合、女性の入会審査の段階で、こうした高いレベルにある女性を厳選しているため、男性から見ればレベルの高い女性との出会いが保障されるクラブであり、女性から見れば入会が厳しいクラブと言えます。

逆に、料金が手頃な価格に設定されているクラブの場合、ごく普通の学生やOLが多く在籍することになるため、男性から見れば特別感が薄れ、女性から見れば高収入でない男性も混ざっているという側面があると言えるでしょう。

デートクラブと法律

デートクラブは、各都道府県で定められている条例に基づき、警察署へ営業の届出をし、許可を得て運営されているサービスです。

営業許可を得ているデートクラブは、違法なサービスではありません。

また、デートクラブは、風適法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)で規定されるいわゆる「風俗店」ではありません。


PAGE TOP