韓国子供服の選び方

我が家は洋服のおさがりが着られるように上の子の服を買うときは女の子でも着られる物という点を意識して韓国子供服を選んでいます。男の子でも女の子でも着られる色と言えば赤や黄色やベージュなどですね。例えば赤いトレーナーは下にジーンズをはけば男の子っぽくなるしヒラヒラのついたスカートと合わせれば女の子らしくなります。

デザインもでかでかと車や電車のイラストが書いてあるといかにも男の子っぽいのでなるべく男女共通で着られそうなシンプルなデザインの物を選びます。

また、韓国子供服を選ぶときはかわいい物やおしゃれを重視しがちですが、何より安全なものや子供が着ていて快適であることが大事です。紐のついたフードつきの服は公園の遊具などで遊んでるときにひっかかって首が締まったりすると大変危険です。フードなら紐のないものを選びます。よけいな飾りなども元気に遊びまわりたい子供には邪魔になるのでいりません。

子供服は同じサイズ表示でも服によって大きさが違ったりします。我が家の上の子は今90くらいを着ていますが、100でちょうどよい服もあるし、90で小さめな服もあります。サイズは参考程度に見て、実際の袖や丈の長さを今着てる服と比べてどうかを考えながら選んでいます。

私の独断と偏見で選んでいる韓国子供服

我が家には二人の娘がいます。長女が生まれる時は、初めての子どもという事もあり、靴から服に至るまですべて日本製の物にこだわり、デパートに行って、買い物をする事が多かったのですが、次女が生まれて、子どもの成長の早さを目の当たりにすると、今は日本製の子ども服どころか、金銭的な事もあり、インターネットでバーゲンの時期にまとめて韓国子供服を買う、というのが今の我が家の子ども服の買い方です。

しかも、我が家の子ども達は年齢差が約3歳あるのですが、小さい頃から、お揃いで同じ服や色違いの服を着る事がほとんどだったので(当時は私の希望でそのような服を購入していました)その習慣が子ども達にもしっかりついていて、長女が小学生になった今でも、下の子とお揃いの服を着たがるので、ふたりの体に合わせた同じデザインの服を探すのが少し難しくなってきている状況でもあります。

ここ最近、私が子ども達の服を選ぶ時は、普段着や部屋着などは、1000円以内で購入できる物、デザインがかわいい物、なるべく長いシーズン着まわす事ができる物、を意識して購入するようにしています。高価な服を買っても、着る時期は短いので、枚数を多く持ち、汚れても気軽に捨てる事ができる服があったほうがいいのかな。との思いから、掘り出し物をみつける感覚で、私が独断と偏見で子供服を購入しています。いずれ子ども達の成長に伴い、趣味やこだわりも出てきて、私の出番もなくなると思うので、楽しみながら、もうしばらく子ども達の韓国子供服を選んでいきたいと思っています。

激安韓国子供服ならおしゃれも経済的

大事な自分の子供に何を着せてあげようか、とっても迷いますよね。
自我が目覚めてくると子供だって好みの服を着たいと主張したり、お友達やクラスメイトの意見を大事にするようになります。
だからこそ、お父さんお母さんが選んであげられる時期に、自分たちの色で飾れるものを着せてあげるべきです。

自分の買い物だと、どうしても次のシーズンも着られるかしらと吟味し、流行に走りすぎて今シーズンで処分を余儀なくされるものは避けなくちゃなんて考えたりして、中長期的な目線での服選びをするようになります。やりくり上手の賢い人ほどそうですよね。

でも子供はものすごいスピードで成長し、次のシーズンなんて考えはありません。
親の目線で一番「かっこいい」「かわいい」「華やかに」「男らしく」などテーマを決めましょう。
幼少期にカラフルなものを目にしていると色彩感覚も鍛えられますので色数も多めがおすすめです。
肌に触れるものなので、素材も絹やコットンなど自然素材のものだとベター。
洗濯に強いもの目線でついつい化繊を選んでいませんか?
今は洗濯機も洗剤や柔軟剤も高機能になってきているので昔ほど大変じゃありません。
ざぶざぶ洗ってスチームのアイロンで除菌を意識しながらシャキッとのばしてあげましょう。

どうせ来シーズンは着られないからと安価なものを選ぶのではなく、今だから着せてあげられるもの選べるものを吟味してあげると、子供のセンスも培われますよ。